専業主婦がお金を借りるのにおすすめのカードローン

専業主婦は家計を管理しているためいざという時に備えてお金を借りる手段を持っておくことは非常に重要です。

しかし大手消費者金融などのキャッシングサービスは総量規制の対象となっているため、申し込み者本人に安定した収入がなければ契約はできませんし、銀行のローンなども契約社員や派遣社員として雇用させていなければ契約は難しくなっています。専業主婦がお金を借りるためにはどうすればよいのでしょうか。

専業主婦が無理なくお金を借りる方法としておすすめなのが楽天銀行のカードローンの利用です。

楽天銀行のカードローンは銀行系のカードローンなので総量規制の対象外ですし、専業主婦の場合でも配偶者に安定した収入があれば契約可能となっているのでカードローンを契約したいと考える専業主婦には最適と考えられるのです。

なお、楽天銀行のカードローンを専業主婦が契約する場合、貸付条件などが通常のケースとやや異なります。

利用限度額は最高で50万円までとなりますし、適用される金利も年14.5%となるのです。また契約の際には収入証明書類の提出は不要となり、運転免許証などの本人確認書類があれば契約可能となっています。

申し込みと契約手続きはネットでできるので人目を気にせず契約や借り入れができるメリットもあります。

関連リンク:楽天銀行カードローン

専業主婦がカードローンを利用する2つの方法

専業主婦がカードローンを利用するのは難しいという声をよく聞きますよね。しかし利用する方法はいくつかあるので諦めてはいけません。そこで専業主婦がカードローンを利用したい時はどのような方法があるのか紹介していくので参考にしてみて下さい。

■銀行カードローンなら利用可能になっている事が多い

消費者金融は総量規制の対象になっているので収入を得ている人でないと利用する事が出来ません。その影響で専業主婦は申し込みの対象外になってしまうのです。しかし銀行カードローンは総量規制の対象外になっているため専業主婦も利用可能となっている事が多いです。配偶者が安定した収入を得ている、利用限度額が低いなど条件はありますが、専業主婦で申し込みをして審査が可決されればお金を借りる事が出来ます。

■配偶者貸付を利用する方法もある

配偶者貸付は配偶者の収入を夫婦の収入にする事が出来る方法で中小の消費者金融が採用している事があります。利用すると夫婦で収入を得ていると判断されて専業主婦でもお金を借りる事が出来るのです。中小の消費者金融なので即日融資にも対応してくれるメリットがありますが、金利が高く設定されているので返済する時の事も考えてお金を借りるようにする必要があります。また返済が遅れると加算される利息も多くなるので注意しましょう。